成友セキュリティの4つの安心

  • 1.地域密着サービス
    地域密着型だからできる緊急時の24時間対応!三多摩地域を中心に事業を展開しており、各クライアントから好評をいただいています。
  • 2.豊富な人員
    常時100人以上を確保!現場の規模に応じた人員数を提案し、スピーディーに警備員を配置します。なお、交通誘導資格者が多数在籍しており、バックアップは万全です。
  • 3.安心保障制度
    損害補償制度は対人賠償保険、対物賠償保険、ともに完備しております。万一の事故に対しても万全を期しています。
  • 4.実践的な教育
    各部門別にマニュアルを作成し、カリキュラムに沿った教育研修システムを実践しています。常に高品質なサービスを提供できる優秀な人材を確保しています。

警備員教育システムについて

警備業法第21条第2項

警備業者は、警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、教育を行うとともに、必要な指導及び監督をしなければならない

警備員教育システム警備員教育システム警備員教育システム

新任教育

警備の品質維持のため、新任のものには基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上が必要とされています。
●基本教育・・・警備業務の基本原則、警備業法、警備員の心構え、警察機関等への連絡、護身用具取扱いなど警備に関する基本を教育・習得します。
●業務別教育・・・基本教育完了後、常駐警備等、警備区分に応じた警備を適正に実施することに必要な知識及び技能を教育・習得します。
※ 必ずこの新任教育を受けてから業務に就きます。

継続指導教育(完全バックアップ体制)

4日間の新任教育を終了した後も、各個人データの元、指導パトロール、朝礼ミーティング等で警備の品質管理を施行しています。

現任教育

警備の継続的品質維持のため、半期毎に研修いたします。最新法令への対応、警備員の心構え、配属現場に合った警備方法を習得します。
※必ず半期毎に、この現任教育を受けています。

参考:
東京都警備業協会 http://www.toukeikyo.or.jp/index.html
東京都警備業協会「警備員教育について」 http://www.toukeikyo.or.jp/education/guard.html

成友セキュリティは、(社)東京都警備業協会に加入しており、協会指導と自社ノウハウのもと、新任教育30時間以上(4日間)、現任教育8時間以上(半期毎)を実施し、常に高品質な警備を提供しております。

新任教育 新たに警備用務に従事する警備員 基本教育 15時間
業務別教育 15時間
現任教育 現在、警備業務に従事している警備員(半期毎) 基本教育 3時間
業務別教育 5時間